簿記とは?

簿記とは、簡単に言うと「お金や物の出入りを記録する方法」です。

 

日々の取引を帳簿に記入することから「記帳する」とも言われており、

また、記帳は「帳簿に付ける」とも言います。

 

簿記の目的は、貸借対照表損益計算書を作成する為、

貸借対照表損益計算書を作成する目的は、確定申告を行う為です。

 

※(とりわけ、貸借対照表と損益計算書は“青色申告”の時にしか使いませんが)

 

何気に「取引」という単語が出て来ましたが、一般的な取引という意味ではなく

税金や会計での取引とは、

「取引」 とは・・・

会計用語的に、資産・負債・純資産・費用・収益を増減させることです。

なので、天災や盗難、紛失も上のいずれかを減少させるものであれば

会計上の取引に含まれます。

逆に、契約行為や無償での物品の貸借は一般的には取引ではありますが

会計上の取引には含まれない。

です。

起業家でも簿記は必要

必要ですし、軽視すると税金で苦しんだ僕のようになります(笑)

 

苦しまないまでも、起業家=経営者なので、事業を簿記など数字で評価するのはとても大切です。

つまり、定量評価ですね。

定性評価も大事ですが、それだけでは宗教というかスピリチュアルに偏ってしまいます(笑)

 

簿記は株式などの投資家にとっては直接役立ちます。

 

勿論、投資家以上に税理士の方にも必須です!

 

簿記が大事な職業、投資家と税理士は、この両方が全く性質が違うのが

勉強する醍醐味ですね・・・(笑)

ブログ更新が止まらない理由です。

 

従業員の方でも、職種によりますが

一般企業に経理事務の担当として就職した時は当然簿記の知識は必要になりますし、

経理ではなくても、一般事務などの就職活動の際にも簿記の知識は有利に働きます。

単式簿記と複式簿記の2種類の簿記がある

収支内訳書を使って確定申告を行う際は、単式簿記で

青色申告決算書を使って確定申告を行う際は、複式簿記で記帳します。

複式簿記は「正規の簿記」とも呼ばれています。

 

それぞれは、個別の記事から勉強して下さい。

 

記帳と仕訳の違い

会計における記帳とは、個人事業主や法人が、事業収入などの給与収入以外の収入を得ていたり

それらの収入を得るのに掛かった必要経費などの取引を記録して帳簿を作成することです。

作成された帳簿を基に確定申告書が作られます。

 

それに対して仕訳とは、

主に青色申告決算書による複式簿記において、取引のひとつひとつを

「借方」と「貸方」に分けて帳簿に記録することです。

仕訳については、先に紹介した複式簿記の個別記事に詳しく書きました。

ブログ無料購読

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterで @yujiyamazato をフォローしよう

おすすめの記事