複式簿記とは?

簿記と単式簿記の記事をまずは読む

まずは、

上の二つの記事から読んで下さい。

複式簿記とは?

正規の簿記」と言われている複式簿記について、詳しく書いて行きます。

単式簿記のデメリットを補う記帳法が複式簿記

単式簿記のデメリットが、

借入金などの負債、現金以外の資産、資本金などの純資産、

つまり、貸借対照表に記入するような勘定科目がわからない=財政状態がわからない

 

なのですが、複式簿記がそのデメリット補う記帳法ということですね。

つまり単式簿記は、専ら発生した収益・費用しか記帳しない簿記法ということを意味します。

その証拠に、白色申告書(収支内訳書)と検索すると、青色申告決算書の貸借対照表に当たる

用紙がありません。

 

たとえば、

    • Aさんが自己投資として預貯金から起業スクールに10万円払った
    • Bさんが宝石を挙式の為にクレジットカードで10万円買った
    • Cさんが消費者金融から10万円を借りてパチンコに使ったが、全額負けた

     

    という3人がいたとします。

    どちらも単式簿記では、10万円を払ったことには変わりませんが

     

    • 10万円が、使った後に何に変わったのか?(結果=借方

    は単式簿記でも記帳しますが、単式簿記ではあくまでも「支出の額」

    に注目していて、その支出の勘定科目への意識が低くなる傾向にあります。

     

     

    それ以上に、僕もそうでしたが

    • 10万円はどこから来たのか?(原因=貸方

    という、

    「その費用によって、どんな資産さんが使われたか?」

    という、結果を生み出すことになった原因への意識はありませんでした。

     

    すぐ下に書かれていますが、複式簿記は「結果=借方原因=貸方

    を書くのです。

    簿記的取引を因果関係のある2つの勘定科目を1組として記録・集計する記帳法(結果=借方原因=貸方)

    単式簿記の記事でも書きましたが、

    簿記的取引を1つの勘定科目に絞って記録・集計する記帳法です。

    が単式簿記であるのに対して、複式簿記は

    「簿記的取引を因果関係のある2つの勘定科目を1組として記録・集計する記帳法」

    ということです。

     

    この複式簿記という記帳法は、取引によってお互いに増減し合うその1組を

    「借方」「貸方」に分けるのが最大の特徴です。

     

    また、このように複式簿記において、取引のひとつひとつを

    「借方」「貸方」に分けて帳簿に記録することを仕訳と言います。

     

    記帳と仕訳を混同している方もいると思うので、以下のリンクもお読み下さい。

    記帳と仕訳の違い

     

    また、結果=借方原因=貸方 のように2つの勘定科目で取引を表すことを

    「取引の二面性」と言います。

     

    単式簿記でも出て来た、以下の例を今度は複式簿記にして表にしてみます。

    例1:12月8日に電気代を10,000円、現金で支払った場合

    単式簿記→12月8日 支出 電気代 10,000円
    複式簿記→12月8日  電気代 10,000円 / 現金 10,000円

    例2:12月25日に商品30万円を売り上げて、現金でもらった場合

    単式簿記→12月25日 収入 商品売上 30,000円
    複式簿記→12月25日  現金300,000円 / 商品売上 300,000円

    例3:12月27日に金融機関から100,000円の借入れをした場合

    単式簿記→12月27日 収入 借入金 100,000円
    複式簿記→12月27日 普通預金100,000円 / 借入金 100,000円

     

    【例表】

    日付 借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
    12/8 費用>水道光熱費 10,000 資産>現金 10,000
    12/25 資産>現金 300,000 収益>売上 300,000
    12/27 資産>普通預金 100,000 負債>借入金 100,000

     

    ・・・単式簿記と比べると、慣れないうちは理解に苦しむことでしょう(笑)

     

    仕訳の法則

    多分、青色申告決算書、複式簿記で最も難しいのは、

    取引によって発生、増減した勘定科目が借方なのか貸方なのか、どっちに仕訳されるのか?

    という部分かなと思っています。

     

    ここをクリアにして行きたいです。

    常に、「借方」が結果で←「貸方」が原因です。

    そのことを意識して見て行って下さい。

     

    ①資産が増加した時は、資産は借方

    借方 貸方
    資産の増加 資産を増加させる勘定科目

     

    ②資産が減少した時は、資産は貸方

    借方 貸方
    資産が減少したことによって発生、増減した勘定科目 資産の減少

     

    ③負債が増加した時は、負債は貸方

    借方 貸方
    負債が増加したことによって発生、増減した勘定科目 負債の増加

     

    ④負債が減少した時は、負債は借方

    借方 貸方
    負債の減少 負債を減少させる勘定科目

     

    ⑤純資産が増加した時は、純資産は貸方

    借方 貸方
    純資産が増加したことによって発生、増減した勘定科目 純資産の増加

     

    ⑥純資産が減少した時は、純資産は借方

    借方 貸方
    純資産の減少 純資産を減少させる勘定科目

     

    ⑦収益が発生した時は、収益は貸方

    借方 貸方
    収益が発生したことによって、発生、増減した勘定科目 収益の発生

     

    ⑧費用が発生した時は、費用は借方

    借方 貸方
    費用の発生 費用を発生させる勘定科目

     

    未確定な一方の勘定科目が何なのかは載せていませんが

    それは実際に起業してしまえば、上の8つを丸暗記すれば自分で仕訳できると思いますよ。

     

    ※答えは、この記事を書いた後に書いた記事に載せました。

    借方の額=貸方の額

    【例表】で、既にそのことを表しましたが

    常に借方の額と貸方の額は一致するということです。

    貸借対照表の理解を深める

    「借方の額=貸方の額」は、貸借対照表の理解を深めます。

    貸借対照表を実際に書くと、以下の図のようになります。

    賃借対照表
    借方 貸方
    資産 負債
    純資産

    上の図の意味は、

     

    1. 貸方に「負債」「純資産」があるので負債は増加、純資産は増加
    2. 借方に「資産」があるので、資産は増加
    3. 「借方の額=貸方の額」なので、「資産=負債+純資産」

    1.2.の、資産も負債も純資産も全て増加しているのが、不思議な気持ちはしますが

    純資産は分かり易いですが、負債が貸方にある場合、負債の増加は代表的な物に借入金が増えれば、

    資産(現金)も増えますよね?(笑)

    なので、間違ってはいません!!(笑)

     

    複式簿記については以上ですが、また書くことがあればその都度この記事を更新して行きます。

    複式簿記についてこの記事で理解できたら、次は青色申告の記事をお読みください。

    ブログ無料購読

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで @yujiyamazato をフォローしよう

    おすすめの記事