WordPress バックアップ

 

わからなくて困っている女性

WordPressのバックアップって、どうやったら良いの?
後その時に、何をバックアップしてどのタイミングでするの?

 

 

という方の為に記事を書きました。

 

これで万が一のことが起きたとしてもバックアップを取っていれば安心です。

 

この記事でWordPressのバックアップができた方は、併せてこちらの記事もお読み下さい。

WordPressのバックアップデータの復元方法

 

WordPressのバックアップをここぞという時に行うタイミング

何をバックアップするかよりも、データを失う前にバックアップを取るのが大事です。

初めてWordPressのバックアップをする人は、この記事を読みながら今すぐにバックアップを取ろう

不測の事態はいつも急に訪れます。

WordPressでも同じことが言えて、契約しているサーバーが例えばハッキングされて

サーバーが壊滅的状況にさせられたとか現実的にあり得ますよね。

 

他には、何か原因不明だけども今までのデータが消えてしまった方も過去にいたりしますので

「備えあれば憂いなし」で準備して行きましょう。

 

定期的にバックアップを取る

不測の事態はいつも急に訪れるからこそ、WordPressのバックアップは定期的に行うのがオススメです。

WordPressの新しいバージョンへの更新の前バックアップを取ろう

新しいバージョンのWordPressが出る度に、更新とその前にバックアップも取るようにします。

WordPressのバックアップ説明画像1

 

プラグインの更新の前にもバックアップ

これも、WordPressの新しいバージョンへの更新と同じ考えです。

WordPressのバックアップ説明画像2

 

実はバックアップしなくても良い場合があります

以下の表に、各サーバー提供会社のWordPressバックアップ関連の比較を作りました。

このブログで使っているさくらインターネットのレンタルサーバーでは自動バックアップ機能はないとのことでした。

サーバー名 自動バックアップの有無 自動バックアップしたデータの取得料金
さくらのレンタルサーバ 無し
エックスサーバー 有り サーバー領域データ … ご指定の日のWeb・メールデータ(税込10,800円)

MySQLデータベース … ご指定の日の特定のデータベース1つ(税込5,400円)

MixHost
有り 無料
ロリポップ 有り 有料

※かかる料金が複雑なので、こちらのリンク先で確認して下さい。

 

WordPressの何をバックアップするの?

サーバー内のデータ

WordPressのバックアップ説明画像3

     

     

     

     

     

     

    1. wp-content > plugins
    2. wp-content > themes
    3. wp-content > uploads (画像など)

     

    データベース

    WordPressのバックアップ説明画像4

     

     

     

     

     

     

    記事本文に関するデータ(タイトル、カテゴリ、公開日など)

     

    つまり、上の4つをバックアップを取ればサイトが表示されなくなっても元どおりに戻ります。

    BackWPupでWordPressのバックアップを行う

    「BackWPup」というプラグインを使うと、超簡単にバックアップができます。

     

    「BackWPup」と検索して、「今すぐインストール」をクリック。

    その後、「有効化」まで行います。

    WordPressのバックアップ説明画像5

     

     

     

     

    「新規ジョブを追加」をクリック。

    WordPressのバックアップ説明画像6

     

     

     

     

     

     

    「一般」タブでの設定

    以下のスクショを見ながら設定して下さい。

    WordPressのバックアップ説明画像7

    WordPressのバックアップ説明画像8

    「スケジュール」タブでの設定

    WordPressのバックアップ説明画像9

    「DBバックアップ」タブでの設定

    「すべて」をクリック。

    WordPressのバックアップ説明画像10

    WordPressのバックアップ説明画像11

    「ファイル」タブでの設定

    以下のスクショの通り設定して下さい。

    WordPressのバックアップ説明画像12

    WordPressのバックアップ説明画像13WordPressのバックアップ説明画像14

    「プラグイン」タブでの設定

    以下のスクショの通り設定

    WordPressのバックアップ説明画像15

     

    「宛先:フォルダー」タブでの設定

    以下のスクショの通り設定

    WordPressのバックアップ説明画像16

     

     

     

     

    「宛先:Dropbox」タブでの設定

    WordPressのバックアップ説明画像17

     

     

     

    Dropboxのアカウントがない方は、以下よりアカウントを作成いただけます。

    Dropboxのアカウント作る

     

    アカウントを作成後、「Dropboxのアプリ認証コードを取得」をクリックして進めて行きます。

    「許可」をクリック。

    WordPressのバックアップ説明画像18

     

    「許可」をクリック後、コードが表示されるのでそのコードをコピーします。

    WordPressのバックアップ説明画像19

     

    コピーしたコードをペーストします。

    WordPressのバックアップ説明画像20

     

    保存先フォルダーは、デフォルトのまま「変更を保存」をクリック。

    WordPressのバックアップ説明画像21

     

    「認証済み!」となったら、成功です。

    WordPressのバックアップ説明画像22

    WordPressの、BackWPupでのバップアップの方法は以上となります。

     

    今後もこのように、ビジネス成功の為の役立つ有益な記事を更新して行きますので

    下記より是非ブログ無料購読にご登録下さい。

    ブログ無料購読

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで @yujiyamazato をフォローしよう

    おすすめの記事