ドメインイメージ画像

この記事を読む前に、

という記事を読むと理解度が深まります。

ドメインとURLの違いを意外と知らない人が多いなと思ったので、記事にしてみました。

 

有名なサイトを例に説明します。

https://www.rakuten.co.jp

この文字列を分解して説明します。

URL

「https://www.rakuten.co.jp」

全体を、URL(Uniform Resource Locator)と言います。

直訳すると、「統一資源位置指定子」となり、「ホームページアドレス」とも呼ばれます。

簡単に言えば、webサイトやファイルがインターネット上のどこにあるのかを

示したインターネットの住所のようなものです。

 

通信プロトコル

「https」

通信プロトコルのことです。

通信プロトコルには、他にもあります。

  • http 暗号化なし(Google 非推奨)
  • mailto メール送信先の指定
  • ftp ファイルのダウンロード

他にも沢山ありますが、ここまでとします。

 

スキーム

「https://」とセットになると、httpsはスキームと呼ばれるようになります。

スキームは、「枠組み」や「構造」を意味します。

 

:は後続するホスト名以降と、見分けやすくする為の区切りの役目と、

https:// と記述された場合、「このURLは“https”を使って通信します。」ということを表します。

 

//も、実は必要がないものなのですが慣習の名残なので特に意味はありません。

その証拠に、ftpは、ftp:// となりますが、mailtoは、mailto: です。

 

mailto:information.yujiyamazato.com 試しに左をコピーしてwebブラウザで検索してみて下さい。

メールが起動するはずです。

 

ホスト名

「www」

ネットワークに接続されたホスト(機器やサーバー)の名前を指します。

このホスト名は、任意に設定できます。

これも慣習的にwwwがよく使われているだけで、

設定しなくても良いです。https://rakuten.co.jp/ でも良いのです。

※楽天が、www付きのurlにリダイレクトするように設定していますね。

 

ドメイン

「rakuten.co.jp」

jpが、トップレベル、coが、セカンドレベルドメイン、rakutenがサードレベルドメインです。

 

以上を押さえておけばOK牧場

その後にも、ディレクトリ、ファイル名があるので各自調べておいて下さい。

その他にも、https://books.rakuten.co.jp/ のようなサブドメイン

(rakuten.co.jpがメインドメインで、books.rakuten.co.jpはサブドメイン)も、各自調べておいて下さい。

 

今後もこのように、ビジネス成功の為の役立つ有益な記事を更新して行きますので、

普段使っているメールアドレスを以下より入力して、ブログの無料購読に登録下さい。

 

記事が更新される度に、あなたにメールでお知らせします。

ブログ無料購読

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterで @yujiyamazato をフォローしよう

おすすめの記事