多くの人は0円で起業すると挫折します

今回はお金を使わな過ぎる起業家の卵へ警鐘を鳴らす記事を書いてみました。

 

「あの時、0円で起業していたらもう今の起業家としての僕はいないよな。」

という経験からくる考えを詳しく書いて行きます。

具体例

具体例を書けば、お金を使うべき理由が見えてくるかと思いますので挙げていきます。

1万円払えば1万円以上稼げる方法・案件を捨てることになる

例えば広告を例に出してみます。

なぜ企業やマーケターが広告費を出しているかと言えば、「儲かる」ことを知っているからです。

 

なぜかと言えば、

人は同じ価値観を持っている人同士で集まり、そして既にとある場所に集まっています。

そして、その場所の管理人は先輩起業家です。

何かで起業したら、既に同じようなことをやっている先輩がいる訳です。

 

つまり、先輩にお金を払って先輩のお客さんに自分の商品を宣伝して貰う方が

お金を払わずに、その先輩からお客さんを必死こいて奪うことより遥かに楽ですよね。

さらに、宣伝費だけじゃなくてその先輩にコンサルティングのお金を払って

教わった方が、その先輩のお客さんだけじゃなくて先輩のまだお客さんではない人を

お客さんにする速さも上がります。

 

自分の商品にお金を出せないのは自信がないから

例えばあなたの商品が、

「理想的な異性と交際・経済的成功・身体的健康全てを手に入れる方法」

という情報商材を10万円で販売したとします。

 

本当に素晴らしい情報商材ならば、単価10万円なので

お客さんを自分だけでなくて、他人の力も借りて集めた方が集まりますよね。

 

そして、他人の力も借りようとした時に他人がより動いてくれるのは

「10万円が売れたら5万円を払います。」よりも、

「10万円が売れたら5万円を払いますし、売れなくても一人集めてくれる度に

1000円払いますよ。」という条件の方が動きますよね。

 

そして、「売れなくても1000円を払った方が良いよな。」

と自信を持って言えたとしたら、その情報商材はおそらくより多くの人にとって

良い商品である可能性が高いということです。

 

逆に、「売れなくても1000円払うなんて赤字になるし。」と思えたとしたら、

あなたの商品のレベルが低い証明になります。

 

更に付け加えると、「商品に自信を持てるようになったら、お金を使った方が良いのか。」ではなくて、

起業した直後から、自信が全くない初期の頃から「お金というものを使ってビジネス力を上げる」

ことをオススメします。

お金を使うということは、他人を巻き込むということです。

  • 売れなくても1000円払うって言ってしまったから、新人起業家でいられないな。
  • 先輩にコンサルティングフィーを払ってしまったから、回収しないとお金を出したくない他の起業家よりたちが悪い。

こういう状況にある方が結果を出すまでに早くないですか?

お金を出せば良いわけではない

「じゃあ、出せるだけお金を出したら起業は成功するんだな。」

という意味ではありません。

 

しっかり、お金だけじゃなくてお金以外のリターンも得られるという自信がある場合のみに

このお金を使ってビジネスをするという方法はとても効果的です。

これは一種の投資です。

センスがある人ほど、お金を出している

「センスの良い人って、1円も出さない方が良い方法を見つけるような人じゃないの?」ではなくて、

「出せば良い。」という浅はかな考えは排除する前提で

今のお金<他人の力を借りる→将来、より大きなお金になって返って来る。時間も短縮。

という風に教えられなくても「教わろう。」と気付ける人です。

 

そして、センスがありすぎる人=天才は、最初から「センス>今のお金」という状態にあって

お金の代わりに、それ以上の価値のある減らないセンスを払って人が動く人のことを言います。

 

で、

センスのない人は、

今のお金>他人の力を借りる→今のお金がだんだん減って、時間がかかる。最悪、結果が出ずに挫折。

(行動しない人より、状況が悪い)

ということは、確信しています。

客は時間短縮の為に商品を買っている

本質的なことを書くと、なぜ客は商品を買うのかと言えば有限である人生を謳歌する為に

したいことを満たす道具を自分で0から作るより、既に誰かによって作られた道具を買った方が

時間の節約・短縮になるから。

 

ということは、消費する為の商品も「お金を出せば手に入る」という意味では、

「時間に対する投資で、時間を買っている。」ということなので、

客にお金を使わせて買わせる=時間の短縮させているのならば、その客に商品を売っている起業家こそ

必要性を感じているのならば、他の起業家を時間短縮の為に買わないことには

おそらく売れないかもしくは、売れるまでに時間が延びてしまうということになるのかなと思います。

 

なので、センスが良い人でも天才でもセンスのない凡人でも0円起業はオススメしません。

 

ブログ無料購読

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterで @yujiyamazato をフォローしよう

おすすめの記事