0円で起業すると全員確実に挫折します

今回はお金を使わな過ぎる起業家の卵へ警鐘を鳴らす記事を書いてみました。

 

「あの時、0円で起業していたらもう起業コンサルタントとしての僕はいないよな。」

という経験からくる考えを詳しく書いて行きます。

具体例

具体例を書けば、お金を使うべき理由が見えてくるかと思いますので挙げていきます。

1万円払えば1万円以上稼げる方法・案件を捨てることになる

例えば広告を例に出してみます。

なぜ企業やマーケターが広告費を出しているかと言えば、「儲かる」ことを知っているからです。

 

なぜかと言えば、

人は同じ価値観を持っている人同士で集まっていて、そして既にとある場所に集まっています。

 

そして、その場所に参加する為にお金を払う必要がある場合は、

その場所の管理人は先輩起業家で、その先輩起業家のビジネスです。

 

何かで起業したら、たいていは既に同じようなことをやっている先輩がいる訳です。

 

つまり、先輩にお金を払って先輩のお客さんに自分の商品を宣伝して貰う方が

お金を払わずに、その先輩からお客さんを必死こいて奪うことより遥かに楽ですよね。

 

さらに、宣伝費だけじゃなくてその先輩にコンサルティングのお金を払って

教わった方が、その先輩のお客さんだけじゃなくて、先輩の未だお客さんになっていない

人をお客さんにする速さも上がります。

自分の商品にお金を出せないのは自信がないから

例えばあなたの商品が、

「理想的な異性と交際・経済的成功・身体的健康全てを手に入れる方法」

という情報商材を10万円で販売したとします。

 

本当に素晴らしい情報商材ならば、単価10万円なので

お客さんを自分だけでなくて、他人の力も借りて集めた方が集まりますよね。

 

そして、他人の力も借りようとした時に他人がより動いてくれるのは

「10万円が売れたら5万円を払います。」よりも、

「10万円が売れたら5万円を払いますし、売れなくても一人集めてくれる度に

1000円払いますよ。」という条件の方が動きますよね。

 

そして、「売れなくても1000円を払った方が良いよな。」

と自信を持って言えたとしたら、その情報商材はおそらくより多くの人にとって

良い商品である可能性が高いということです。

 

逆に、「売れなくても1000円払うなんて赤字になるし。」と思えたとしたら、

あなたの商品のレベルが低い証明になります。

(もちろん、ちゃんと売ったかどうかを測るシステムの構築が必要ですが。)

 

更に付け加えると、「商品に自信を持てるようになったら、お金を使った方が良いのか。」ではなくて、

起業した直後から、自信が全くない初期の頃から「お金というものを使ってビジネス力を上げる」

ことをオススメします。

 

お金を使うということは、他人を巻き込むということです。

  • 売れなくても1000円払うって言ってしまったから、新人起業家でいられないな。
  • 先輩にコンサルティングフィーを払ってしまったから、回収しないとお金を出したくない他の起業家よりたちが悪い。

こういう状況にある方が結果を出すまでに早くないですか?

お金を出せば良いわけではない

じゃあ、出せるだけお金を出したら起業は成功するんだね?

 

 

という意味ではありません。

 

当たり前ですが、現金をゴミ箱に捨ててしまったら、この捨てる行為もお金を出している行為の1種類ですが、これはただの馬鹿です。

 

しっかり、投じたお金がリターンとして何割返って来るのか?

そして、お金以外のリターンも得られるかどうかを吟味し、

リスクの許容範囲が

「最悪の結果だったとしても、この程度の結果ならば大丈夫だし、納得できる。」、

という自信がある場合のみに限ってお金を出します。

実は、自営業・ビジネスオーナーも投資家である

この、お金を出してビジネスをするという考え方は、王道的でいて且つとても効果的です。

これは一種の投資で、投資先が自分であることです。

 

投資先が“他人”である職業は、一般的には投資家と呼ばれますが、どうやら世間一般では

“他人”に投資をする人のみを投資家と呼ぶらしいですが、自営業もビジネスオーナーも、

何なら従業員も自分への投資をするので、生きていれば全員ある意味投資家です。

センスがある人ほど、お金を出している

え、センスの良い人って、1円も出さなくても、むしろ出さない方が良い方法を見つけるような人じゃないの?

 

と思うかもですが説明します。

 

勿論、考えもせず「出せば良い。」という訳ではなく

 

今のお金他人の力を借りる

(今のお金よりも、そのお金を使って他人の力を借りることの方が今持っているお金よりも価値がある。)

そして、結果的に→将来、より大きなお金になって返って来る。時間も短縮、お金以外のリターンもある。

 

ということを、誰からも教えられなくても自分で気付いて自主的に「よし、教わろう。」と気付けてお金を出せる人が、センスがある人です。

 

センスがある人は、誰からも教わらなくても理想的なお金の使い方に気付ける人であることに対して(理想的なお金の使い方だが、お金は使えば減ってしまう。)、

それを上回るセンスがありすぎる人=天才は、お金が全てセンスに変換されます。

 

説明していきます。

センスがありすぎる人=天才は、最初から

センス今のお金

という状態にあって

お金の代わりに、お金よりも価値のある、使っても減らないセンスを払って人が動く人のことを天才と言います。

 

 

で、センスのない人=凡人は、

今のお金他人の力を借りる

(つまり、センスのある人よりこの凡人はお金を使うべきなのに、お金を使えと言われてもお金を守り続けて、無料で自分でやろうとする)

→結局お金を守っても思考力が低いので、無駄な出費に今のお金が流れて行ってだんだん減って、思考力が低いので時間がかかる。最悪、結果が出ずに挫折。

(ツイッターで僕が何度も言う、「お金に支配されてお金を出せないが行動できる人は、実は行動しない人より、状況が悪くなる。」「行動しない人の方がマシ」状態に陥ります。)

 

ということを確信しています。

なぜならば、起業に興味があり、僕に教われば成功すると思っているからこそ

起業コンサルタント時代の僕にわざわざ会いに来たのに、

結局、お金に支配された人は僕にお金を払わずに帰り、その後も起業するわけがなく、

それに対してお金を払った人は起業してきたからです。

 

先ほど、

誰からも教えられなくても自分で気付いて自主的に「よし、教わろう。」と気付けてお金を出せる人が、センスがある人です。

と言いましたが、僕に会いに来てやっとお金を出してその場で起業するということは、

センスある人は僕に会いに来る前に、既に僕に教わるべきだと気付いて既にお金を出して、

会いに来る日には、具体的な事業のミーティングをするくらいなので、

興味が会ってようやく会ってから起業するのは、自分が凡人であることを強く意識しておいた方が良いです。

 

よって、天才が出したお金よりも、天才が出したセンスの方が価値が高いことから

だからこそ「センスがある人ほど、お金を出している」と言えるのです。

 

そして、「0円で起業すると全員確実に挫折します」というタイトルの通り、

天才でさえセンス、センスがある人も教わらずにお金を払っているのに、

凡人が「いや、お前凡人なんだからお金出せよ。」と言われてもお金を出さないとか、もう終わっているということです。

客は、価値が「商品>今のお金」だから商品を買っている

客は、お金よりも商品に価値があるから買っているのだから、

客にお金を使わせて買わせようとする起業家こそ、お金の方が価値が低くないことには、

売れないということになります。

 

つまり、

センスのない人=凡人は、

今のお金他人の力を借りる

と先ほど、言いましたが、

 

客は、

商品今のお金

ということです。

 

商品とは何ですか?

そう、商品とは客から見て他人が作った物=他人の力を借りる。

 

つまり、客は

商品=他人の力を借りる今のお金

 

センスのある起業家がしていることと同じです。

 

 

客が、他人の力を借りる今のお金 なのに

凡人が、今のお金他人の力を借りる だと

 

凡人がお金を使わずに独学で起業なんて無理だと言うことが分かったかと思います。

 

つまり、客からしたらこの凡人起業家の商品よりもお金の方が価値が高いので

いや、お前の商品は要らないから金くれ。

 

と思うはず。今読んでいるあなたもきっと思うはずです。

 

 

これは、例え起業家じゃなくても「お金を守ってしまう=お金の方がどんなものよりも

価値が高い」という状態は、そもそもお金に価値を感じる根拠は、お金を払って得られる物に価値があるからであって、お金に価値があると思っているのは幻想だからです。

 

幻想を抱く人がお金を稼げる訳がありません。

マズローの下位の欲求の「食欲」が満たされていない時に、「いや、お金の方が大事。」と言ってお金を出さない人はいない。

そして、起業というのはマズローの上位の欲求「自己実現欲求」だが、それが満たされていないのに、満たそうと思って起業コンサルタント時代の僕に会いに来たのに「いや、お金の方が大事。」

と言って、帰ることは、

「食欲」が満たされていない時に、「いや、お金の方が大事。」と言ってお金を出さないことと同じくらいおかしい話です。

 

なのでタイトルの通り、センスが良い人でも天才でもセンスのない凡人でも0円起業はオススメしません。

 

今回のような為になる・気付きのある記事を更新する度にあなたのメールアドレスに通知のメールを送ります。

今すぐ普段使っているメールアドレスを下の入力フォームに入力して、購読登録を完了させて

このブログの記事の更新通知を受け取って下さい。

 

[公式ラインアカウント]があるので友達追加もどうぞ!
友だち追加

 

 

ボタンを押しても反応がない場合は、
@ipg6461e こちらのIDを検索するか、クリックして表示されるQRコードを読む込んで下さい。

 

ツイッターもフォローして下さい!

ブログ無料購読

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterで @yujiyamazato をフォローしよう

おすすめの記事