売り上げアップ

対面による販売が最も成約率が高い

対面で、そして1対1で話すことができるならば

ラインやメッセンジャーや、ブログを運営していたら直接メールで問い合わせて来ても

極力、アポを組んで商品を会って販売をした方が絶対に良いです。

 

扱っている商品単価が高い場合は、ネット上で売るのが楽だからと言って売ってしまうと結局売れないので、

サイトへのアクセスを増やすよりは少ないアクセスでも確実に販売成約率を上げることを考えた方が賢いと思います。

 

対面での販売でのメリットは、高単価な商品の成約率が上がるだけではなくて

ネット上では知ることができない、見込み顧客の生の声を聞けるという意味でも

その声を、既存の商品の改善やマーケティング活動に活かせるという点でもメリットがあります。

 

ネットでの集客と販売は「仕方なくするもの」

現代は、インターネットの時代なので何でも

「ネット、ネット、ネット!」という先入観がありますが、

 

セールスの為の動画を撮ってyou tubeに上げたり、

セールスレターやセールスページをサイトに上げたりして

遠隔操作で臨機応変にその動画やページをその人に合わせて変えられるのなら、

それでも良いかも知れませんが、ならばビデオ通話の方が早くて確実ですし、

ビデオ通話をしたいと見込み顧客が言っているのなら、

「会って話しませんか?」と提案した方が、ワクワクしてもらえる可能性は高いはずです。

 

よく、「アフィリエイトは楽々簡単に稼げる」と言っている人がいますが

始めやすいだけで、逆に難易度が高いんです(苦笑)

 

集客はネットとリアル、販売は対面

つまり、最強のマーケティング

1・一度で多数にアプローチできるインターネットの力と、リアルの力を使って

見込み顧客への認知・興味付け・集客を行い、

 

2・集客後は対面で会って販売

 

が、最も売り上げを最大化できる方法です。

 

このマーケティング手法を、O to O(Online to Offline)、O2Oマーケテンングと言ったりします。

 

他にも、このO2Oをする理由として、マーケティングで最も大事な概念はテストであるので、反応率を測定しやすいからです。

オンラインでの効果測定は、アクセス解析や、そこから購入率を計算がしやすいです。

この方法を採っている企業

この方法を採っている企業を一部挙げてみます。

この記事で挙げた企業以外でも、きっとあなたのビジネスのヒントになると思うので

身近にあるお店に足を運ぶときは、少し事業者的な意識を持って行くと

非日常な感じがして楽しめると思いますよ。

マクドナルド

アプリでクーポンを発行していますよね。それを顧客の来店動機にしています。

アプリをスマホでダウンロードしている人は、マクドナルドのファンかヘビーユーザーですよね。

とても賢いなと思います。

クーポンを提示しないで商品買うより、提示した方が安い商品があったりするので、

スマホでダウンロードしている人は、クーポンの更新の通知がある度に

とても行きたくなると思います。ちなみに、僕もアプリを落としています(笑)

ライン

他にも、近くの店舗を位置情報サービスで検索できたりするアプリなどもO2Oです。

ラインでは、企業向けにこのサービスを提供しており、

僕の家の近くのコンビニがこのラインのサービスを導入しているのですが、

このコンビニに近く付く度に、ポップアップで知らせてくれます(笑)

 

とても最先端な時代に生まれて来たな〜と感じます。

最後に

ITの発達で、オンラインでの集客が主になって来ていますが、

どれだけ時代が進もうが、最終的にはオフラインによる人と人との心のキャッチボールは

残るということを強く意識すれば、ビジネスが致命的に大失敗することはないかなと思います。

 

今後もこのように、ビジネス成功の為の役立つ有益な記事を更新して行きますので、

普段使っているメールアドレスを以下より入力して、ブログの無料購読に登録下さい。

 

記事が更新される度に、あなたにメールでお知らせします。

ブログ無料購読

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterで @yujiyamazato をフォローしよう

おすすめの記事