ブログ ライティング

今回の記事は、

キーワードを検索して来た見込み顧客に対して以下のような効果が期待できる

ニーズをしっかり捉えたブログ記事の書き方を紹介します。

  • SEOの検索順位が上がる
  • アクセスも増える
  • コンバージョン率(目的達成率)も上がる
  • 収益もアップする

 

実は先に答え合わせをすると、

一番難しいのが

  1. コンバージョンが取れる(目的を達成できる)キーワード選定
  2. クリック率の高いタイトル付け

なので、

 

キーワード選定がばっちりで

クリックされるタイトルの付け方も把握しているならば、

 

以上2記事に見込み顧客の心理とニーズについて書いたので、

ニーズを外さなければライティングで大失敗は中々起きません。

 

その延長線上にライティングがあるという認識です。

 

また今回の「ブログ記事の書き方」の記事は、SEOコンテンツの対策一部であって、

【SEOコンテンツの対策】

  1. キーワード選定
  2. タイトル付け
  3. ライティング(この記事)

※①から順番に

SEOコンテンツ対策は、SEO対策の一部です。

【SEO対策】

※順不同

なので、

SEO対策の全体について書かれた以上の記事を読んでから、この記事を読むことをオススメします。

起承転結を意識する

記事を書く時にありがちなのが、ライティングの途中で

自分でも何を書いているのか分からなくなってしまうことです。

なので、以下のように起承転結をまとめてからブログ記事を書くことがオススメです。

 

・・・とその前に、ライティング自体がそのままコンテンツになる大事な作業なので

流れの全体像も把握しておきます。

コンテンツ対策から収益化までの流れ
      1. キーワード選定
      2. タイトル付け
      3. タイトルから記事本文へのクリック
      4. 記事本文を読ませる(今回の記事の内容)
      5. クロージング(商品購入、アフィリリンククリック、
        問い合わせ、SNSフォロー、SNS良いね、etc.)(今回の記事の内容)

    何?

    何について書かれたブログ記事かを明確にします。

    また、「何?」の部分に選定キーワードが必ず入ります。

     

    「何?」の部分は、記事のタイトルと記事本文の序文に書きます。

    序文とは、本題に入る前のタイトルの「何?」を補足する文のことです。

     

    「株式 買う」というキーワードを例にしてみます。

    「何?」

    タイトル:

    <h1>自己破産しない株式の買い方【年収1億円投資家直&答えはリスク管理】</h1>

    序文:

    株式投資に挑戦したいという方の相談に何人も乗って来ましたが

    自己破産をしている人が多いと思ったので
    リスク管理をしながら株式を買うことの重要性を記事にして説いた方が良いと思い書いてみました。

    この記事は、

    ・なぜ、リスク管理をすれば株式を買う事で億万長者になるのか?
    ・どうやって、そのスキルを身に付けるのか?を順を追って解説しています。結果的に自己破産せずに年収1億円まで稼げるようになった
    私の今までの経験をあなたの株式投資で億万長者になる可能性を上げることにお役立て下さい。

     

    タイトルの付け方は、以下の記事をお読み下さい。

    なぜ?

    「何?」で書いたことの理由を述べます。

    このなぜは、リスク管理をする理由にかかっています。

    「なぜ?」
    見出し2

    <h2>リスク管理が重要である理由</h2>

    本文:

    株式を買うことは、ギャンブルではなく計画的に行えるから

    株式投資は性質上勝ち負けを繰り返すので、負けを減らすということは勝ちを増やすに繋がるから

    結果的に自己破産を避けて億万長者になれる可能性が高まるから

    だからリスク管理が大事。という主張が通ります。

     

    どうやって?

    「なぜ?」で「何?」で書いた主張の理由を述べて納得させたあとは、

    「何?」をどう達成させるかを書きます。

     

    すみません、株式投資のプロではないので具体的なリスクヘッジの仕方がわかりませんが

    例えば・・・

    「どうやって?」
    見出し2
    <h2>リスク管理能力を身に着ける方法</h2>
    本文:
    元手がなくても始められるビジネスとは違って投資は、まずは勉強しまくる
    得する方ではなくて、損する方に意識を傾ける
    なくなっても痛くない資金で投資をする

     

    以上の感じで書けば良いと思います。

    クロージング

    世の中には、学校や習い事教室が多くあることから人は書籍やこのようなブログ記事を読んだとしても、

    既に成功している方と初心者の方のそもそもの習慣も違いますし、

    習慣も違えば同じ書籍やブログ記事を読んだ解釈も違うので

    ライティングで大事なことは見込み顧客(読者に)「勉強になるな〜。」と

    知的好奇心を満たすこと ・知って満足させることではなくて、

    • 「知るのはあくまでもきっかけで、大事なのは結果を出すことだよな」
    • 「独学で結果を出そうとして出せなかったり、結果を出すのに時間がかかるより
       教わってでも結果を出すのは当たり前、そして早く結果を出す方が限りある時間を無駄にしないよな。」

    と思わせる方が、見込み顧客(読者)を真の意味で導くことだと信じて

    僕はこのブログ記事全てにこの2つのことを意識して書いています。

    「クロージング」

    見出し2

    <h2>失敗を極力0に近づけて、最短最速で株式投資で成功したいのならば</h2>

     

    本文:

    私は、この記事を自己破産する人が多い事に嘆いて、何かできることはないか?と思って、書きました。

     

    勿論今この記事を読んでいるあなたにも、変な株式を買ってしまって自己破産もして欲しくないですし、

    最短・最速で株式投資で成功したいと思います。

    その為には、リスク管理を本当の意味で身に付けなければなりません。

     

    私はプロとして10年活動し今でも現役の年収1億円プレイヤーの株式投資家です。


    初心者向けの株式投資のセミナーを開催したり、
    実際に初心者に何人も教えて来たので

    多くの人が失敗するところ、その失敗の回避の方法も熟知しているつもりです。

    あなたにもその方法を教えて、リスク管理を身に付けて頂ければなと思います。

    独学でも成功できるかも知れませんが、既に成功している方に教わった方が時間とお金の節約になりませんか?

    先ずは、あなたの状況を教えて下さい。お問い合わせ下さい。

    問い合わせをして頂いた方全員に、

    「株式投資の極意」と「資金調達方法」というpdfの資料を無料でプレゼントしますので、

    どしどしお問い合わせ下さい。

    自分が株式投資家ならば自分で教えるか、

    忙しいならば、自分で教材を作って売るか誰かの株式投資の商品のアフィリエイトをします。

     

    また、売りたい商品の成約率を上げる最強の方法を書いた記事も紹介しておきます。

    人のしない心理を忘れずに記事を書く

    • 読ませようとしても、読まない。
    • 読んだところで、信用しない。
    • 信用したところで、行動しない。
    • 行動したところで、途中で諦めて辞める。

    他の記事でも何度も書いていますが、この記事でも言います。

    見出しタグの付け方

    詳しくは記事

    の見出し「bodyタグ内のタグの使い方」をお読み下さい。

     

    既に、「何?」〜「クロージング」まで<h2>タグを付けましたが、以下にまとめます。

    これをテンプレートにして選定キーワードに書き換えればOK

    見出しタグの付け方

    タイトル:
    <h1>自己破産しない株式の買い方【年収1億円投資家直&答えはリスク管理】</h1>

    序文:リスク管理の重要性とリスク管理方法について書かれている記事だと伝える。

     

    見出し2:
    <h2>リスク管理が重要である理由</h2>

    本文:リスク管理が重要である理由を伝える

    見出し2:
    <h2>リスク管理能力を身に着ける方法</h2>
    本文:リスク管理能力を身に着ける方法を紹介

     

    見出し2:
    <h2>失敗を極力0に近づけて、最短最速で株式投資で成功したいのならば</h2>
    本文:独学よりも誰かに教わった方が早いことを伝えて、問合せや売りたい商品のクロージングをする。

    ブログの無料購読をしよう

    以下よりブログの無料購読をして頂けると

    今回のようなビジネスから人生で気付きのある記事が更新される度にあなたのメールアドレスに通知します。

    ブログ無料購読

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterで @yujiyamazato をフォローしよう

    おすすめの記事