会計とは?【企業・財務・管理・税務の違いで理解しよう】

(記事完成していないので、正しさを保証できません。

完成まで、他の完成された僕のブログ記事をお読みください。)

 

確定申告を、単に税金を納める為にしているだけならば

それはお金を「税務会計」の側面でしか見れていないということで

色々と機会損失だと実体験で強く感じたので、4つの会計の違いを徹底的に解説をしていきます。

そもそも会計とは?

語源と広義の会計の意味

 

漢字の「会計」の語源から。

中国の『史記』に出てくる「計は会なり」が語源とのこと。

「計」=「正確に話すこと」、「会」=「増えること」という意味で、

「会計」とは「増えたことについて、正確に話すこと」となります。

勿論、“-1増えた”=“1減った” と言えるので、「正確な数の増減の説明。」が広義の会計の意味となります。

 

次に、会計の英訳の「accounting(会計)」の語源。

accountingの語源が「account(説明する)」で、

accountの語源が「computare(数える。)」です。

 

よって、先ほど「正確な数の増減の説明。」と同じです。

 

※何と、computareは、「computer(コンピュータ)」の語源でもあるそうです。

 

会計の広義の意味について、他も見てみます。

 

wikipediaでは、

会計とは、委託・受託関係において、受託者がその委託者に、
委託された活動の状況について説明ないし釈明する行為を言う。

とあるが、「会計はお金のやり取りを記録するものかな?」と、会計を勉強する前の僕は

そんな認識でいましたが、任されたことを任した人に説明や釈明する行為と言われて

「あ~、説明や釈明する行為とやり取りを記録する行為が、“他人に説明する”という点で共通だな。」と思ったので、会計とはこの部分が核なのかなと思いました。

 

会計の一般的な意味とは、お金についての狭義の会計

つまり、お金について説明することは、狭義の会計のことかなと。

 

その後、

受託者は委託者に対して活動の記録と報告を行うことで、
受託責任が適切に遂行されたことを証明しようとする。

と続くので、さきほどの解釈であっていると思いました。

 

その他、コトバンクからの引用で

金銭収支、財産の売買を中心とした経済的取引事象を、
貨幣数値によって一定の方式により記録・計算・報告する制度ないし行為をいう。

 

お金について書いてあるので、狭義の会計が書かれていると思いました。

 

そして、色々調べていると狭義の一般的な会計には、物品も含まれているとのことなので

Wikipediaではこう載ってました。

金銭や物品の出納を、貨幣を単位として記録、計算、管理等することを意味する。

これは情報の利用者が事情に精通した上で判断や意思決定を行うことができるように、
経済的な情報を識別し、測定し、伝達するプロセスであり、「経理」とも称される。

 

お金や物の出納(金銭・物品の出し入れ。支出と収入)を、貨幣を単位として記録することを

会計と呼ぶ。

こうして作られた会計は、これを使って判断や意思決定を外部の人らが行うのだが

彼らの行為を円滑に行わせる為の目的でも作られていて(勿論内部の人も使うのだが)、

経理とも呼ばれるとのこと。

 

※一般的な会計では、外部向けと内部向けがあるとのこと。

 

つまり、お金や物品についての狭義の会計とは、経理なのかも知れません。

 

会計の種類

「○○会計」と付く単語があるので、それぞれ説明します。

営利目的なのか、非営利目的かなのか。

多くの

 

 

経済主体によって会計の意味が変わる

 

 

経済での会計とは、経済主体である企業の企業会計の略称

会計とは、お金と品物のやり取りを記録する業務です。

 

企業が利益を出すためには、売上だけでなく経費の支出も把握し、管理しなければなりません。企業がお金の流れを把握するために、会計業務は非常に重要な役割を担っているのです。

取引内容によっては税務上の知識を必要とする場合があるため、公認会計士や税理士などの専門家の力を借りて会計業務を行う企業も多いです。

企業における会計業務には、大きく分けて「財務会計」と「管理会計」があります。ここからは、それぞれの会計方法の特徴について解説します。

ブログ無料購読

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterで @yujiyamazato をフォローしよう

おすすめの記事